しかぶろぐ

好きなこと、やりたいことがたくさんあります

高校生のVisaデビットはこれで決まり!ソニー銀行のここがすごい!!

f:id:eupho935:20170810232141p:plain

 昨日のこちらの記事で紹介させていただいたソニー銀行ですが、実際に使っている私の心象も踏まえてさらに詳しくご紹介していきたいと思います。

eupho935.hatenablog.jp

 

 ソニー銀行はみなさんご存じソニー三井住友銀行が合同出資し2001年の4月に設立、同年6月11日に事業を開始した当時としては新しい形態の銀行です。

 その当時ネットバンクの先駆けとして脚光を浴びていたジャパンネット銀行アイワイバンク銀行(現・セブン銀行)は主に顧客からの決済手数料を収入の中心とし低コストでの運営を目指していましたが、ソニー銀行個人の資産運用の道具となることを第一に設立されました。その実、ソニー銀行の主な収入は外貨預金投資信託などの運用商品の取引手数料と、住宅ローンなどの利息収入が主たるもので、ネットバンクで住宅ローンの取り扱いを2002年に初めて開始したのもソニー銀行でした。

 ソニー銀行はその歴史は短いながらも確かな実績と確たる信頼のおける、ネットバンク界においては右に出るものはないとすらいえる存在にあるでしょう。

ソニー銀行のここが凄い!

 ここまで企業としてのソニー銀行の姿を紹介してきましたが、では実際私たち学生の顧客にはどんなメリットがあるのでしょうか。ソニー銀行の様々なサービスとともに紹介していきたいと思います。

  1. 手数料が無料!

 私たち学生のような比較的運用する資産総額が少ない学生にとっては3大メガバンクのような資産総額やローン利用などによる"取引手数料の優待サービス"は受けることが難しいことが現実です。

 しかしソニー銀行はそのような顧客にも安定して良心的なATM利用手数料や振込手数料を設定しています

f:id:eupho935:20170811134548p:plain

 ソニー銀行宛ての振込手数料は何度でも無料、他行宛ての振込手数料はSony Bank WALLET(Visaデビットカード)を持っていれば月2回まで無料です。

 

f:id:eupho935:20170811134828p:plain

 お金を引き出す・預ける際のATM利用手数料はセブン銀行ATM・イオン銀行ATMなら何度でも無料三井住友銀行三菱東京UFJ銀行の場合は預け入れは何度でも無料、引き出しは月4回まで無料です。

 また三菱東京UFJ銀行ATMなら平日18時までであれば硬貨の入金が三井住友銀行では平日18時までであれば硬貨での入出金ができるのも便利な点の一つです。

 

 ネット銀行としてソニー銀行に並んで名前だけ有名なジャパンネット銀行はこれらすべての手数料が1回目から有料なうえに提携ATMも少ないです

 

 2.スマホアプリでの残高確認が便利!

 なんといってもソニーのネット銀行、外出先でも自宅でも手軽に資産管理ができるのはマストでしょう。もちろんあります、スマホアプリ。

play.google.com

 

 ログイン認証には端末に登録した指紋を使用してログインすることが可能(指紋センサー搭載機種のみ)で、見やすいホーム画面と詳しい取引の履歴を確認することができます。

 デザインも先進的で、銀行アプリにしてこの出来はなかなかのものだと思います。

 

おわりに

 前回の記事と同じですが、Visaデビットを利用したキャッシュレス決済は様々なシーンでも対応しやすく非常に便利でお世話になっていますが日本はまだまだキャッシュレス後進国。アメリカでは自動販売機や屋台でもキャッシュレス決済を導入しているほどでした。

 未成年の高校生のみならず15歳の中学生でも作ることができるデビットカード。これからどんどん普及してもっと便利になってくれるといいですよねって思う次第です。